底引き網漁・・・豆知識

越前ガニなどの、ズワイガニを始め、雌ガニのセイコガニをとる漁法を底引き網といいます。これは大きな袋状の網を船で引っ張り、カレイやエビ、そしてカニなど海底にいる魚を獲るのに最適です。
ほかの漁法としては、刺網、定置網、延縄、船曳網などがあります。

刺網(さしあみ)漁法とは、網を海中に張り巡らせ魚を網の目に刺したり、からめたりして獲る方法で鯛などが獲れます。

定置網(ていちあみ)漁法とは、魚の通り道に網を固定して置き、奥にある箱網に入ってきた魚を獲ります。アジ、サバ、イカなどが獲れます。

延縄(はえなわ)漁法とは、長い網に釣り針の付いた糸をたくさんつけて魚を獲る方法でタチウオなどが獲れます。

船曳網(ふなびきあみ)漁法とは、袋状の網をふたつの船で引っ張り水面近くにいる魚を獲る方法でサヨリなどが獲れます。