福井県の蟹と、石川県の蟹

加賀と能登を合わせて名前が付けられた加能ガニ(カノウガニ) 

福井の越前の名前を付けて売られている越前ガニ(エチゼンガニ)

今日の福井はといいますと、越前の海が大荒れで、大型船のみのセリでした。 

(大型船については、後日お話します)

今日は今から加能ガニを求めて、高速で金沢に向かいます。 

なぜなら明日、寿し吉田(寿司屋)に来て頂くお客様が、同じ型(グラム)の蟹を食べ比べてみたいと注文を受けているからです。 

ですので、同じ釜で、同じ塩加減で茹でようと思っています。 

(本来なら蟹を見て塩加減を変えます)

今回、お客様が注文されたのは・・・1.5Kgの越前ガニ&加能ガニ・・・。 

今日の朝のセリで1.5㎏の越前ガニはゲットしたのですが、問題は今から競られる加能ガニ・・・ 

この悪天候がどう影響するのか!? 

天候ひとつで物がなかったり、値段が急激に高くなったりするのが蟹の市場なもので、とても心配しています。 

明日来て頂けるお客様は、お金の事を細かく仰られる人ではないので、多少の高値は買いにいく予定ですが、あまり高くなると、お客様に金銭面でご迷惑おかけすることにもなるし、迷っています。

 

ただ、良い蟹を良い状態で出すのが私の仕事ですので、その所は自信があります! 

ですが、良くない蟹を良い環境で茹でても、これ美味しくないんです。 

やはり、良い物を茹でないと美味くない!んです。 

お客様は本物の味を求めて来て頂けます。 

本物の越前ガニ・加能ガニの味を求めていらっしゃる以上、中途半端な蟹を食べて頂く訳にはいきません。 

そんな蟹なら、中途半端に売る必要ありませんから。 

むしろ、良い蟹が無かったと謝った方が、お客様の為にも良いと自分は思います。 

今から出発しますので今日はこの辺で。

IMG_0125.JPG